安倍首相「反省」「謙虚」連発のナゼ 加計問題めぐり自身や周囲の「おごり」意識か

 安倍晋三首相が、「加計学園」問題の対応をめぐり、「反省」や「謙虚」という言葉を連発した。「安倍一強」といわれるなか、自身や周囲に「おごり」「慢心」「過信」があったことを意識したようだ。

 まず、安倍首相は16日の参院予算委員会の集中審議で、文部科学省の再調査について「対応に時間がかかったことは率直に反省したい」と述べた。「さまざまな批判があることについて真摯(しんし)に受け止めたい」と強調した。

 さらに、同日夕、谷垣禎一自民党前幹事長を中心とする政策グループ「有隣会」のパーティーで、「谷垣先生のように謙虚に、誠実にこれから歩まないといけない。自重、自戒している」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ