民進・野田佳彦幹事長が「蓮舫降ろし」に予防線 都議選敗北なら「責任は幹事長に」

 民進党の野田佳彦幹事長は19日の記者会見で、7月の東京都議選で敗北した場合の対応を問われ「一般論として、あらゆる選挙の責任は幹事長にある」と述べた。蓮舫代表に責任論が及ばないよう予防線を張ったとみられる。その上で「大きな選挙とはいいながらも地方選。基本的には党都連が責任を持って準備し、勝ち抜くための態勢を整える」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧