小池知事市場決定・詳報(2)「築地市場の価値と高いブランド力は東京の莫大な資産」

 《築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、20日午後3時半から始まった東京都の小池百合子知事の臨時記者会見。会見が始まって7分がたったが、いまだに豊洲をどうするのかという計画は語られていない。逆に、小池氏は築地市場を再開発するという計画については雄弁に語り続けた》

 「もちろん最終的に決定する権限を持つのは都議会ということになりますが、築地を再開発して新たな東京の一大拠点を作るという希望、これがあれば必ずやっていけるもの、実現できるものと考えています」

 《よどみなく語り続けた小池氏は、ここで会見時によく利用するモニターに資料を映しだし、説明を始めた》

 「パワーポイントで若干内容を説明していきます。市場移転の問題に関してまとめてみました。まず豊洲市場の状況と課題を確認しておきます。安全安心の基準については先ほど申しあげたように、これまでの議会の付帯決議、市場長答弁などがありますが、先日私が築地市場の講堂に参って皆さま方に謝ってきたところです。今後も事業者と都民の皆さま方の信頼を得るためには、最大限の努力が必要と痛感しました」

 「次に豊洲市場開場後の健全な経営の計画、これを確保していかなければいけません」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ