豊洲問題 民進・松原仁都連会長記者会見詳報 小池知事の方針「条件付きで評価」

 民進党東京都連会長の松原仁元拉致問題担当相は20日、国会内で記者会見し、小池百合子都知事が築地市場(中央区)を豊洲市場(江東区)に移転させて、築地は再開発する基本方針を表明したことについて「条件付きで評価する」と述べた。

 松原氏は「『築地の食文化を残す』という小池氏の発言は評価できる」とし、豊洲への移転について「本当に食の安全・安心を守れるか、チェックを厳しくしていく必要がある」と述べた。

 小池氏が都議選(23日告示、7月2日投開票)前に基本方針を示したことに関しては「評価したい」とした一方、安全性やコストなどを検証して有権者に示すには時間が不十分だとして「もっと早く決断してもらい、その是非を議論した上で都民が判断すべきだった」と苦言も呈した。

 会見での主な発言は以下の通り。

 「この方針を聞いて2つ、私は私たちの立場から申し上げたい。一つは、付帯決議において豊洲の移転に関して都議会でそれが議決されたとき、われわれは2つの内容を付帯決議で挙げている。その2つの内容がここでどう反映されるかが重要なわれわれの認識だ」

 「一つは食文化としての、築地の食文化というものは日本の伝統的な文化であり、継承していかなければいけないということを、当時の民主党の都議会が中心になって付帯決議に入れさせていただいた。したがって『築地の食文化を残す』という小池氏の発言は、われわれ民主党、今の民進党が都議会で要望した付帯決議の一つを充足するものであるということで、極めてそのことに関してはわれわれは評価できると思っている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧