豊田氏「暴行」報道 民進・蓮舫代表が驚愕「国会議員の資質があるとは到底思えない」

 民進党の蓮舫代表は22日の記者会見で、自民党の豊田真由子衆院議員=衆院埼玉4区、当選2回=が元政策秘書への暴力や暴言を週刊新潮に報じられたことについて「国会議員としての資質があるとは到底思えない。一日も早く本人が説明され、出処進退を明らかにすべきだ」と述べた。

 蓮舫氏は、豊田氏が元秘書に暴言を吐いた場面とみられる音声テープを報道で聞いたと説明し「仮に本人のものなら驚愕(きょうがく)する内容だった。事務所の秘書は活動を支えてくれる大切な仲間だ」と指摘した。

 豊田氏は22日午後、自民党本部に離党届を提出したが、蓮舫氏は「また自民党の『魔の2回生』と思った。党を辞めさせて終わらせる問題ではない」と自民党側の責任を強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧