都議選告示 蓮舫氏「しっかり議論できる人が都議会に送られるべきだ」各党幹部が第一声

 東京都議選が告示された23日、各党党首らは都内で第一声を上げ、豊洲市場への移転問題や都議会改革などを巡り、舌戦を繰り広げた。

 自民党の高村正彦副総裁は武蔵野市で街頭演説し「知事の決めたことを尊重するのを公約とする集団がいることは(知事と都議会の)二元代表制を根本からおかしくする」と指摘した。

 民進党の蓮舫代表は中野区で、国政も都政も「議会での議論が封じられている」と非難。豊洲移転に触れ「財政を誰が担うか、しっかり議論できる人が都議会に送られるべきだ。民進党に託してほしい」と呼び掛けた。

 地域政党「都民ファーストの会」の小池百合子代表(都知事)は渋谷区で「ボス政治や忖度政治が横行してきた。見える化ではなく、隠してきた古い議会はもういらない。新しい議会に変えるチャンスだ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ