都議選告示 民進党・蓮舫代表「知事についていく都政が続いた。今の国政とそっくり」

 民進党の蓮舫代表は23日午前、東京・JR中野駅前で街頭演説に立ち、「“ドン”と呼ばれる人が牛耳り、都知事の言うことについていく都政が長く続いた。今の国政とそっくりだ」と指摘し、東京都政批判と結びつけて国政批判も展開した。

 蓮舫氏は「都政も国政も今問われているのは議会の力だ。都民に情報開示して向き合う政治を、民進党に託してほしい」と訴えた。

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり安倍晋三政権が国会の閉会中審査に応じない状況を踏まえ、「自分たちに都合のいいことは強行採決。自分たちに都合の悪いことには口を閉ざしている」と強調。「強い強い都知事、強い強い総理に、議会がただついていくだけの政治では民意は反映されない」と断じた。

 その上で「間違っている時には指摘をして、対案を示す候補者に託してほしい」と呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧