都議選告示 民進・蓮舫代表、安倍政権は「都合の悪いことに口を閉ざす」 中野駅前で第一声=詳報=

 東京都議選が23日告示され、民進党の蓮舫代表は中野駅前で第一声をあげた。先の通常国会での与党の国会運営や、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画問題、待機児童問題を取り上げて「自分たちに都合のいいことは強行採決、自分たちに都合の悪いことには口を閉ざしている」と安倍晋三政権を批判した。

 一方、豊洲市場移転問題については、「小池百合子都知事のもとで大きな論議をしないといけない」などと述べたものの、小池氏の基本方針に対する論評は避けた。吉田氏の主な発言は以下の通り。

 「民進党の蓮舫です。夏を感じさせる強い日差しとなった今日、東京都議会議員選挙が始まった」

 「東京都政がいかに情報公開から遠く、都民の皆さんから遠く、ドンと呼ばれる人が牛耳っていて、都知事の言うことに皆さんが付いていった、そんな都政が長く続いたこと。改めて、この都政のあり方、今の国政とまったくそっくりじゃないでしょうか」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧