都議選告示 民進党・蓮舫代表、第一声後のぶらさがり詳報 「説明責任を果たす政治を」

 民進党の蓮舫代表は東京都議選(7月2日投開票)が告示された23日、都内で第一声を終え、記者団に意気込みを語った。「情報公開、説明責任を果たす政治を担っていくと訴えたい」と強調した。目標議席数については明らかにしなかった。

 蓮舫氏の発言の詳報は以下の通り。

 --都議選で何を訴え、どのように戦うか

 「都民に見える政治を。これまでの密室型政治ではなくて、しっかりと情報公開、説明責任を尽くす。古い古い政治との決別。それを民進党がしっかり担っていくということを訴えたいと思う」

 --有権者の反応はどうか

 「温かい支援を日に日にいただいていると思う。特に加計学園の問題、政府が国会も開かないで、説明責任も果たさないで、情報は無くして、公開していかない後ろ向きな姿勢に不満を覚えている都民は多いと思う」

 --加計学園問題は国政の問題だ。都政でどう訴えるか

 「加計問題もそうだが、都議会においても、特に築地から豊洲への移転の途中経過、資料もなければ記憶を無くす人たちが相次いだ。まさに自民党政治がきわまっていると思う。その部分では国政も都政も古い自民党政治との決別。これは大きな争点になると思う」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ