都議選告示 小池百合子都知事や与野党幹部が第一声

 東京都議選が告示された23日、地域政党「都民ファーストの会」代表の小池百合子都知事のほか、与野党の幹部も街頭演説に立ち舌戦を開始した。

 自民党の二階俊博幹事長はJR王子駅前で「都はたくさんの問題を抱えており、都議会の責任も極めて重要だ」と言及した。「世界で輝く東京であるよう自民党も全力をあげて押し上げたい」とも訴えたが、小池氏への批判は封印した。

 「都議選初陣」の小池氏はJR渋谷駅前で「(都議会を)都議自らがこんな条例をつくりましょうという提案型にしたい」と刷新を訴えた。都議の報酬削減に触れ「公明党が削減をリードした」と持ち上げる一方、「最も反対したのは自民党都連でございました」と語った。

 小池氏と連携する公明党の山口那津男代表はJR目黒駅前で、小池氏と都議会を都政運営の「車の両輪」になぞらえ「互いにいがみ合ってばかりでは、都政は前へ進まない」と述べ、小池氏と対決姿勢を強める自民党を牽制(けんせい)した。

 一方、民進党の蓮舫代表はJR中野駅前で演説し、安倍晋三政権への批判を展開した。「通常国会の最後、議論を封じて共謀罪(改正組織犯罪処罰法)を強行採決した。自分たちに都合のいいことは強行採決、都合の悪いことには口を閉ざしている」と先の国会対応を糾弾した。

 共産党の志位和夫委員長はJR新宿駅前で「国政を私物化し、憲法を壊す安倍晋三政権に首都・東京からレッドカードを突きつけよう」と声を張り上げた。築地移転をめぐっては、築地市場で営業を続けたまま再整備するよう求めた。

 社民党の吉田忠智党首は東急線三軒茶屋駅前で演説し、都議選告示直前に築地移転をめぐる方針を示した小池氏に対し「選挙前に慌てて打ち出した『選挙ファースト』でないか」と揶揄(やゆ)した。

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)はJR蒲田駅前で、都民ファーストの会を「寄せ集めの選挙互助会」と切り捨てた。築地問題に関しては「豊洲移転は賛成だが、築地の食のテーマパークは反対だ。税金の無駄遣いは許さない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ