豊洲問題 追加対策後に安全宣言へ 小池知事、収益改善の具体策示さず

 築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(同江東区)への移転問題で、小池百合子知事は23日の定例会見で、豊洲移転・築地再開発の基本方針に関し、追加の安全対策工事を実施した後、豊洲の安全宣言を出す意向を示した。今後、2つの市場を活用しながら全体の収益を黒字化していく方法については「精査していく」と述べ、具体的な方策は示さなかった。

 小池氏は、安全宣言は「できる限りの汚染対策を講じ、環境アセスの審議会で検討を経てからになる。これらを踏まえ、どのような形で出すのか考えていきたい」と語った。

 築地再開発をめぐり、土壌汚染が確認された場合に豊洲市場と同様に関連条例の水準以上の対策を講じるか問われると、「築地再開発では土壌汚染の調査、それから(埋蔵)文化財の調査など必要になってくるかと思う」と指摘。具体的な対応について「これから都庁のほうで詰めていきたいと考えている」と述べた。

 業界側から市場両立案に疑問の声が上がっていることに関しては「築地にどのような市場機能を持たせるかということは、今後の検討課題」とした。

 20日に公表した基本方針では、築地市場跡地を売却せず保有し、市場機能を持った「食のテーマパーク」として再開発。築地の再開発と豊洲の機能強化により、両市場を合わせた収支が黒字化するとした。

 小池氏は「築地は民間の知恵と金を活用することをベースに考える。最も効果的な選択をし、市場会計を健全化する」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧