民進・蓮舫代表「自衛隊の士気に関わる」稲田朋美防衛相発言に猛反発、安倍晋三首相に罷免要求

 民進党の蓮舫代表は28日午前、稲田朋美防衛相の東京都議選応援をめぐる発言について「もはや辞任のレベルではなく、安倍晋三首相がきちっと罷免すべきだ」と述べた。党本部で記者団に語った。

 蓮舫氏は稲田氏の発言について「選挙応援で自衛隊を組織的に利用するかのような発言は、防衛大臣の責務を理解していないとしか思えない」と批判した。その上で「自衛隊員の士気にも関わる。1日も早くお引き頂くことが自衛隊員のためにも、国民の安全のためにベストだ」と話した。

 首相に対しても「国会を早々に開き、任命責任を自ら語るべきだ」と強調した。

 民進、共産、自由、社民の野党4党は7月2日の都議選投開票を前に、政権批判を強める構え。28日夕に国対委員長会談を開き、稲田氏の辞任を求めていく方針で一致する見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧