ヤンキー先生に噛みつく蓮舫氏 民進と民主で180度異なる情報流出公務員の扱い

 【野党ウオッチ】

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題をめぐり、民進党が文部科学省の前川喜平前事務次官をはじめ内部告発者を“正義のヒーロー”とばかりに持ち上げ、安倍晋三政権への批判を強めている。だが、旧民主党政権時代には尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり、映像をインターネット上に公開した元海上保安官を“犯罪者”として扱った過去がある。蓮舫代表もそこは気付いているようだが…。

 「副社長レベルが、一般社員の勇気の告発を処分するといえば、職員の士気に影響が出る。結果として公益に値する行政になるのか、冷静に考えれば分かる」

 蓮舫代表(49)は6月15日の記者会見で「ヤンキー先生」として知られた義家弘介文科副大臣(46)の対応について、こう批判した。

 蓮舫氏が問題視したのは13日の義家氏の参院農林水産委員会での答弁だった。

 加計学園問題をめぐり「総理のご意向」などと記した記録文書の存否が焦点となっていた中、複数の文科省の職員が報道機関の取材に対して存在を認め、証言をしていた。

 義家氏は、告発した職員らが公益通報者保護制度の対象になるかを問われ、「一般論」と前置きした上で「非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可なく、外部に流出させることは、国家公務員法(守秘義務違反)になる可能性がある」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ