北ミサイル 政府が外交ルートで北朝鮮に厳重抗議「断じて容認できない」

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、菅義偉官房長官は4日午前の緊急記者会見で「国連安全保障理事会決議への明白な違反だ。北朝鮮による度重なる挑発行為は断じて容認することはできない」と述べ、北朝鮮に対し外交ルートで厳重に抗議した経緯を明らかにした。

 ミサイルが落下した付近の海域で、船舶の被害などの被害は確認されていないという。

 菅氏によると、報告を受けた安倍晋三首相は(1)情報収集・分析に全力をあげ、国民に対し迅速、的確な情報提供を行う(2)航空機、船舶等の安全確認を徹底する(3)不測の事態に備え万全の態勢を取る-の3点を指示した。

 政府は4日午前、国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を開き、情報を集約するとともに対応を協議した。また政府は、北朝鮮情勢に関する官邸対策室で情報収集を進めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ