民進・蓮舫代表都議選総括詳報(上)「受け皿になれなかった。極めて深刻な事態だ」

 民進党の蓮舫代表は4日、党本部で東京都議選後初めて記者団の取材に応じ、改選前議席を下回ったことについて「われわれに足りなかったもの、猛省せざるを得ないものを緊急に厳しく総括し、改善策を早期に講じていきたい」と述べた。自らを含む党執行部の責任論については「地方議員選挙なので、直接的には責任をどうのこうのとは考えていない」と続投する意向を表明した。

 都議選では、自民党への批判票が小池百合子都知事が率いた「都民ファーストの会」に流れ、民進は受け皿にならなかった。蓮舫氏は「極めて深刻な事態だ」と指摘し「戦術や、存在感を違う形で発揮できたなかったかも含め、厳しく検証しなければいけない」と述べた。

 記者団との主なやりとりは以下の通り。

 --都議選の総括を

 「離党者が相次いで、民進党に対する信頼感が失われる中での戦いだった。非常に厳しい戦いではあったが、結果としては改選前から2減らして5議席になった。極めて深刻だし、謙虚に厳粛にこの現実を受け止める。その上で、われわれに足りなかったもの、われわれが猛省せざるを得なければいけないもの、それを緊急に厳しく総括して改善策を早期に講じていきたい」

 --安倍晋三政権への批判票が都民ファーストの会や共産党に流れた

 「本来、国政で加計学園・森友学園の問題、安倍首相の説明しない逃げる姿勢、あるいは国民はどうせ忘れるであろうというようなおごりに対して、安倍内閣・自民党に対するお怒りの声は都民、相当お持ちだった。その声の受け皿が都民ファーストになって、私たちの来なかったというのは極めて深刻な事態だ」

 「ただ、東京だけではなくて日本中でこの声は高まっていると思う。やはり問題を追及してあぶり出して改善しようとしてきた私たちが、国政というステージでしっかりとさらにさらにこの問題を明らかにしていただけるように、現政権に対して厳しく国会で望んでいけるのは私たち民進党だと思っているので、頑張っていきたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧