九州北部で大雨 菅義偉官房長官「約7500人態勢で救助・捜索活動」 関係閣僚会議開催へ

 九州北部を中心に降り続く記録的大雨を受け、菅義偉官房長官は6日朝、首相官邸で臨時会見を開き、同日未明から警察、消防、自衛隊など約7500人態勢で救助・捜索活動に当たっていることを明らかにした。今後、被害状況に応じて態勢を拡大する。政府は同日午前、首相官邸で関係閣僚会議を開いて、対応を協議する。

 菅氏は「自治体からの避難に関する指示に従い、冷静、そして速やかに避難して身の安全を確保してほしい」と重ねて警戒を呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧