九州北部で大雨 松本純防災担当相「救助活動に全力を」 対策会議で指示

 松本純防災担当相は6日午前、九州、中国地方の大雨被害を受けた関係省庁の対策会議で「いまだ被害の全容が確認できない状況だ。自治体と緊密に連携し、救助活動に全力を挙げてほしい」として、人命を優先するよう指示した。

 内閣府は福岡、大分両県に先遣隊を派遣し、道路寸断による孤立状況など情報収集を始めた。

 九州地方では梅雨前線が停滞する見通しであることから、松本氏は「土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒し、自らの身を守る行動を取ってほしい」と住民らに呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧