北ミサイル 稲田朋美防衛相がマティス米国防長官と電話会談

 稲田朋美防衛相は6日午前、米国のマティス国防長官と5日深夜に電話会談し、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け緊密に連携していく方針で一致したことを明らかにした。防衛省で記者団に語った。

 会談でマティス氏は「拡大抑止(核の傘)を含めた日本防衛に対する米国のコミットメント(関与)は揺るぎない」との姿勢を改めて示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ