北ミサイル、「東京の方がいい」 原発攻撃想定に田中俊一・規制委員長が不適切発言

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は6日、関西電力高浜原発がある福井県高浜町で住民と意見交換した。北朝鮮のミサイル攻撃を想定した対応を問われ、「冗談」と断りつつ「北朝鮮の技術がどの程度か分からないが、小さな原子炉に落とすなら東京都のど真ん中に落としたほうがよっぽどいい」と発言した。

 会合終了後、田中氏は報道陣に対し「例えが不適切だった」と釈明。「平和な国でないと原子力は利用できない。(ミサイル攻撃という)戦争状態に入ることは絶対に避けてほしい」と訴えた。

 ミサイル攻撃への対策について、田中氏は「規制の範囲を超える」と述べ、特別な対策は取っていないと説明した。

 会合では、規制委の審査が厳しく、長期化しているとの指摘も出た。田中氏は「事業者には厳しいと思うが、(原発を)動かしたいなら耐えていただく。(審査を)緩めると、安全対策がお金との兼ね合いになる」と述べた。

 住民からは「住民避難計画が周知できていない」との声も上がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ