九州北部豪雨 安倍晋三首相が大分県入り「安心できる環境取り戻す」、午後には福岡県

 安倍晋三首相は12日午前、九州北部を襲った豪雨の被害状況を視察するため、自衛隊機で大分県入りした。首相は、同県日田市役所で行われた広瀬勝貞知事らとの意見交換で「復興・復旧に力を尽くし、被災された皆さまが安心して生活できる環境を取り戻していく」と述べた。午後は福岡県を訪問する。

 首相は広瀬知事らとの意見交換に先立ち、同市の花月川に架かるJR久大線の橋梁(きょうりょう)が流出した現場を訪れ、JR九州の青柳俊彦社長らから被害状況を聞いた。その後、同市内の避難所で、避難所生活が続く被災者の声に触れた。午後には福岡県に移動し、朝倉市や東峰村を見て回り、被害状況を確認する。

 豪雨発生後、首相が被災地を訪問するのは初めて。首相は欧州歴訪の帰国日程を繰り上げて、11日午後に帰国したばかりだった。政府は激甚災害指定を急ぎ、一刻も早い被災地の復旧・復興に取り組む考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧