蓮舫氏「二重国籍」問題、原口氏が対応批判「どの国に生まれたかはどうしようもない…しかし公人」

 民進党は11日午前、東京都議選での敗北を総括するため、地域ごとに所属議員と意見交換する「ブロック会議」を国会内で開く。こうしたなか、同党の原口一博元総務相がツイッターで、蓮舫代表の「二重国籍」問題の対応を批判していたことが分かった。

 原口氏は9日に投稿したツイッターで、蓮舫氏が選出された昨年9月の代表選を振り返り、「選挙後に(国籍問題を)つまびらかにするようにという条件付きで決着させたと理解している」と指摘。そのうえで、「どの国に生まれたかは本人にどうしようもないこと。しかし公人」とつづり、蓮舫氏が日本国籍を選択したことを証明する戸籍謄本を公開しないことを暗に批判した。

 蓮舫氏は他人を批判をする前に、自身の「二重国籍」解消について証拠を示して説明すべきだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ