民進・蓮舫代表会見(上)「戸籍関係の質問はここまでに…」

 民進党の蓮舫代表は13日の記者会見で、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題をめぐり、台湾籍を離脱したことを証明する公的資料を18日に公表する方針を示した。「極めてレアなケースではあるが、台湾籍を有していないことが分かる部分を伝える準備がある」と述べた。

 戸籍の公表が外国人差別の助長につながりかねないとの指摘については「差別主義者・排外主義者に言われて公開するようなことは絶対にあってはいけない」と述べた。記者会見の主なやりとりは以下の通り。

 --11日の党執行役員会などで戸籍謄本を公表する意向を示したと報じられた。真偽は

 「戸籍謄本そのものとは言っていない。特にわが国では戸籍は優れて個人のプライバシーに属するものであり、これまで私も言ってきたが、積極的に、あるいは差別主義者・拝外主義者に言われてそれを公開するようなことが絶対にあってはいけないと、いまなお思っている。前例にしてはいけないとも思っている」

 「ただ、一私人ではなく、一公人ではなく、野党第1党の党首として、今、特に(安倍晋三)首相に対して強く説明責任を求めている立場からして、極めてレアなケースではあるが、戸籍そのものではなくて、私自身がすでに台湾の籍を有していないということが分かる部分。これをお伝えするのは準備があるということはお示ししたところだ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧