加戸守行前愛媛県知事の発言がもやを晴らしてくれた 前川喜平さんは「役人の矜持」を自らに問うて欲しい

【WEB編集委員のつぶやき】

 不毛な論争に終止符を打つ発言だった。加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事が靄(もや)を晴らしてくれた。

 衆参両院は10日、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり閉会中審査を開いた。

 審査には学部誘致を進めてきた文科省OBの加戸氏も参考人で出席、「10年間、我慢させられてきた岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた」と明言した。

 あくまで「役所の論理」に立脚する前川喜平前文部科学事務次官に対し、地元の切なる願いを率直に語ることで、加戸氏は前川氏の主張を論破した。両者の発言の要旨を議員の質問と共に掲載する。

×   ×

 青山繁晴氏(自民)「獣医師不足ではないから、獣医学部新設は行政をゆがめるという趣旨か」

 前川氏「違う。規制緩和の結果、加計学園だけに新設が認められるに至ったプロセスが問題だ」

 加戸守行前愛媛県知事「10年間我慢させられた岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい発言ではないか」

 青山氏「文科省は既存の態勢強化でやりたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧