横浜市長選 告示 現新三つどもえか カジノ誘致、中学校給食が争点

 任期満了に伴う横浜市長選が16日、告示される。立候補を予定しているのは、いずれも無所属で3選を目指す現職の林文子氏(71)=自民、公明推薦▽元市議で新人の伊藤大貴氏(39)▽元衆院議員で新人の長島一由氏(50)-の3人。共産、自由は、伊藤氏の自主的支援を決めている。女性活躍支援や企業誘致などを積極的に行ってきた林氏の2期・8年の評価や、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の是非、中学校給食導入などが主な争点となる。30日に投開票される。

 林氏は「これまでも、そしてこれからも躍進し続ける横浜に」を主題に、子育てのしやすさや災害に強いまちづくりなど、5つの柱からなる公約を発表。「財政的に厳しいが、これまで積み上げてきたことを完成形として実現していきたい」と続投に意欲を示した。山下ふ頭の再開発に関しては、世界に誇れる「ハーバーリゾート」にするとの記述にとどめた。一方、中学校での「横浜スタイルのハマ弁給食」の実現に向け、現行より100円程度値下げするほか、昼食の用意が難しい家庭へのハマ弁の無償提供も盛り込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ