ASEANに人口統計普及 厚労相、高齢化対策で

 塩崎恭久厚生労働相は15日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の保健担当相らとの会議を東京都内で開き、各国とも急速な高齢化が見込まれるとして、対策が重要との認識で一致した。政策立案に必要な人口動態統計の普及を日本が支援していくことでも合意した。

 厚労省によると、ASEANでは衛生環境の向上により長生きをする人が増え、日本を上回るペースで高齢化すると予想されている国もある。しかし、国によっては日本のように死因などを把握する人口動態統計のシステムが十分に整っておらず、農村部を中心に未整備のケースもあるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧