小池都知事も「日本人のDNAに刻まれている」と推奨 東京都が「ラジオ体操プロジェクト」をスタート

 2020年東京五輪・パラリンピック開幕まで3年を切る中、東京都では大会の機運醸成や都民の健康増進を目的とした「みんなでラジオ体操プロジェクト」をスタートさせている。小池百合子知事も「音楽を流せば勝手に体が動いてしまうというぐらい、日本人のDNAに刻み込まれている。都民、国民が1つになれる」と期待を込める。

 プロジェクトは2020年大会の開催期間と同じ、7月24日から9月6日までを機運を高める重点期間と位置づけ、大会まで毎年、平日午後2時55分から都庁職員が一斉に体操を行う。都は今後、同様の取り組みを全国に呼びかける。

 初日となった24日には都庁でキックオフイベントを開催。小池氏は同イベントで「スポーツに親しむ生活が2020年のレガシーとなるように、今日から皆で汗を流していきたい」とあいさつした。イベントには小池氏をはじめ、都のスポーツ振興大使キャラクター「ゆりーと」も参加。「イチ、二、サン、シ」と声を出しながら笑顔で身体を動かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ