北ミサイル 日米外相、北朝鮮への「最大限の圧力」で一致 新たな国連安保理決議採択目指す

 岸田文雄外相は29日午前、ティラーソン米国務長官と電話会談した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、北朝鮮に「最大限の圧力」を加える考えで一致した。北朝鮮に対する「厳しい措置」を盛り込んだ新たな国連安全保障理事会決議の採択を目指す方針を確認した。

 両氏は今後の対応に関し、韓国を含む日米韓3カ国間で緊密に連携することを申し合わせた。

 岸田氏は同日中に韓国の康京和外相とも電話会談する予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ