北ミサイル 安倍晋三首相「日米にとって北朝鮮の脅威が増したことが現実に」

 安倍晋三首相は29日午後、北朝鮮による28日深夜の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の発射について「日米双方にとって北朝鮮の脅威が増したことが現実のものとなったことを認識するに至った」と述べた。官邸で記者団に語った。

 首相は「北朝鮮のさらなる挑発行為も十分に可能性がある。高度の警戒態勢を維持し、国民の安全確保に万全を期していく」と強調した。

 この日、政府は岸田文雄外相が米韓両外相とそれぞれ電話で会談したほか、谷内正太郎国家安全保障局長が米国のマクマスター国家安全保障担当大統領補佐官と電話で意見交換した。一連の電話会談の後、国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会議を官邸で開いた。

 首相は米韓との意見交換踏まえ「日米韓において国連安全保障理事会における対応も含めて、圧力を強化していくことで完全に一致した」と述べた。また「中国に対する働きかけをさらに強めていくことが極めて重要であるとの認識も共有した」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ