内閣改造 石井啓一国交相留任内定 公明・山口那津男代表が要請、安倍晋三首相容認

 安倍晋三首相は31日、公明党の山口那津男代表と官邸で会談した。関係者によると、8月3日の内閣改造に関し、山口氏は公明党から入閣している石井啓一国土交通相の留任を要請、首相は「承りました」と応じ、石井氏の留任が内定した。

 首相は改造方針について「骨格を変えないで人心一新を図りたい」と述べた。山口氏は「改造を機に内閣支持率を回復し、国民の信頼を取り戻せるよう頑張りましょう」と語った。

 山口氏は岸田文雄外相が兼務する防衛相の後任人事にも触れ、「防衛を任せられる適材をお願いしたい」と述べた。首相は「当然(適材を)考えている」と応じた。

 首相は21日の山口氏との会談で、公明党の希望を踏まえて改造人事を決める考えを伝えた。公明党は27日の常任役員会などで山口氏に対応を一任していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ