「まいた種芽吹かせ、大きく育てたい」小池百合子都知事、就任1年で訓示

 就任1年を迎えた東京都の小池百合子知事は2日、都庁で幹部を集めた庁議を開き、「さらにスピードを上げて職員の皆さんと一緒に新しい東京作りを進めていきたい」と訓示した。

 「あっという間の1年、そしてまた大変な1年だった」と振り返った小池氏は、当面の課題として、豊洲市場(江東区)移転・築地市場(中央区)再開発に向けた迅速な対応▽2020年東京五輪・パラリンピック準備の着実な推進▽多摩、島嶼(とうしょ)地域の活性化-の3点を列挙した。

 その上で、「1年間でたくさん種をまいてきたが、これからはそれを芽吹かせる段階。都民の希望とともに大きく育てていきたい」と語った。

 これに先立ち、小池氏は同日の登庁時に報道陣の取材に応じ、重視する政策について、「1年目は待機児童対策を手がけた。2年目は逆に高齢化対策の種をまきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ