自民憲法改正推進本部、事務総長を新設 根本匠氏が就任

 自民党は10日、憲法改正案の策定に当たる憲法改正推進本部に事務総長ポストを新設し、根本匠副本部長を充てる方針を固めた。内閣改造で法相に就いた上川陽子氏の後任の事務局長には岡田直樹副本部長が就任する。策定作業で中心的役割を担う事務局長に対し、事務総長は主に与党内や野党との折衝を担うことにし、体制強化を図る。

 推進本部はこれまでの全体会合で、9条改正や緊急事態条項など4項目について議論した。29日に再び9条改正をテーマに意見交換する予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ