北ミサイル 安倍晋三首相、4県知事に「上空通過予告は言語道断」

 安倍晋三首相は14日、島根、広島、愛媛、高知の4県の知事と官邸で会談し、北朝鮮が米領グアム沖への弾道ミサイル発射計画で島根、広島、高知の上空通過を予告したことに対し「言語道断だ」と非難した。その上で「許し難い挑発行為を実行させないことが重要だ」と述べ、中国、ロシアとも連携しながら、発射阻止に全力を挙げていくことを伝えた。

 首相は、今回の計画発表を受けて、北朝鮮に対し、北京の大使館ルートを通じて厳重抗議したと明らかにした。また、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)のほか日本海に海自のイージス艦を展開していることを説明し、「政府の最も重い責任は国民の生命を守り抜くことだ。われわれは今後も全力で取り組んでいく」と述べた。

 4県知事は、国際社会と連携して北朝鮮にこれ以上の挑発行為を行わせない▽ミサイル発射の兆候などの情報提供▽警戒防護態勢を強化し、住民の安全確保に万全を期す▽万が一、被害が発生した場合は、国が万全な措置を講じる-の4点を首相に要請した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ