小野寺防衛相「短射程のミサイルかロケットを複数発射した」

 小野寺五典防衛相は26日午前、防衛省で記者団に、北朝鮮が発射した飛翔体について「短射程のミサイルか、ロケットを複数発射したと考えている」との認識を示した。

 小野寺氏と記者団のやり取り全文は次の通り。

 「本日発生した北朝鮮のミサイル事案、飛翔体事案について、現時点での分析では、北朝鮮が東岸から短射程のミサイルまたはロケットを複数発射したものと考えている。わが国の領域や排他的経済水域(EEZ)に落下するような弾道ミサイル等の飛来は確認されておらず、わが国の安全保障にただちに影響を与えるような事態は発生していない。いずれにしても詳細は分析中だ」

 「防衛省においては午前7時50分までには大臣、副大臣、福田達夫政務官が参集し、これまでに収集した情報やその分析について報告を受けたところだ。引き続き情報の収集、分析にあたっているところだ。防衛省、自衛隊としては米国や韓国とも緊密に連携しつつ、引き続き緊張感を持って警戒監視、情報収集を行い、国民の安全を確保するため万全の態勢を取っていきたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ