北ミサイル発射 「東北のPAC3、どうなっているのか」 仙台市でも携帯に緊急速報、地下鉄などは一時運行停止

 政府が29日午前6時すぎ、北朝鮮からミサイルが発射されたもようだと発表、警戒対象地域とされた宮城県の仙台市では、午前6時2分、携帯電話が鳴り、「緊急速報 政府からの発表 2017/08/29 『ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい』(総務省消防庁)」という文面が表示された。

 同14分には「ミサイル通過。ミサイル通過」と表示された。

 午前6時半ごろ、仙台市内で出勤途中だった山形県酒田市の建築業の男性(35)は「宮城にはまさかこないとは思ったがテレビを見ながら情報を気にしていた」と話した。

 その上で、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えた地対空誘導弾パトリオット(PAC3)について、「東北はどうなっているのか」と不安そうに話した。

 同市では市街地に大きな混乱はなく、JR仙台支社広報室によると、東北、上越、北陸の各新幹線は午前6時2分ごろ、安全確認のために一時運転を見合わせたが、同29分に全線で再開。在来線も一時運転を見合わせたが運行を再開し、最大20分程度の遅れが出ている。

 市の地下鉄とバスも一時運行を停止したが、まもなく再開した。

 ■こんな記事も… なぜ?“貧しい”はずの北朝鮮が強気でミサイルを連射できるワケ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ