北ミサイル発射 安倍晋三首相「暴挙。これまでにない深刻かつ重大な脅威」「ミサイルの動きは完全に把握」

 安倍晋三首相は29日午前、北朝鮮が発射した弾道ミサイルが北海道上空を通過したことを受け「わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威であり、地域の平和と安全を著しく損なうものだ。断固たる抗議を北朝鮮に対して行った」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 首相は、その上で国連安全保障理事会に対し緊急会合の開催を要請することを明らかにし、「国際社会と連携し、北朝鮮に対するさらなる圧力の強化を日本は強く国連の場で求めていく。強固な日米同盟のもと、いかなる状況にも対応できるよう緊張感を持って国民の安全、安心の確保に万全を期す」と述べた。

 また首相は、北朝鮮によるミサイル発射直後から、政府が「ミサイルの動きを完全に把握」していたとも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ