北ミサイル発射 中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性 小野寺五典防衛相が言及

 小野寺五典防衛相は29日午前、北朝鮮が発射し、北海道上空を通過したミサイルについて、中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性があると述べた。防衛省で記者団に語った。火星12の射程距離は最大5000キロ前後とされる。

 北朝鮮は今月、米領グアム周辺に向けて火星12を発射し、島根、広島、高知の上空を通過すると予告していた。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ