北ミサイル発射 菅義偉官房長官 破壊措置命令なしは「総合的判断」

 菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、北朝鮮が発射した弾道ミサイルに対する破壊措置を命令しなかった理由について「わが国の安全、安心を総合的に考えて判断した」と述べた。

 菅氏は北朝鮮への対応について「中国、ロシアの役割は極めて重要だ。さまざまなレベルで責任ある建設的な役割を求めてきた。一層働きかけていく」と語った。「国民の安全と安心の確保に全力を尽くすので、冷静に平常通りの生活を送ってほしい」とも呼びかけた。

 ■こんな記事も… 「電磁パルス攻撃」の脅威 上空の核爆発で日本全土が機能不全に

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ