北ミサイル 安倍晋三首相とトランプ米大統領が電話会談「圧力さらに強化」「日米の立場は完全に一致」

 安倍晋三首相は29日午前、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、トランプ米大統領と電話で会談し、北朝鮮に対する圧力をさらに強化していくことで一致した。

 会談は約40分間行われた。会談後、安倍首相は首相官邸で記者団に対し、「今回の北朝鮮のミサイル発射に対する分析、認識、そしてわれわれが取るべき対応について突っ込んだ議論を行った」と述べ、「日米の立場は完全に一致している」と強調した。また、トランプ氏が「米国は同盟国である日本と100%ともにある」と述べ、日本防衛に対する関与方針を改めて確認したことを明らかにした。

 その上で安倍首相は「今後も強固な日米同盟の下、しっかりと国民の生命と財産を守るために全力を尽くしていきたい」と述べ、「日米韓で協力し、中国、ロシアや国際社会にも働きかけを行いながら、北朝鮮に強い圧力をかけ、彼らの政策を変えなければならない」と語った。

 一方、河野太郎外相もティラーソン米国務長官と同日午前に電話会談を行い、追加制裁を含めさまざまな形で圧力をかけていくことで一致した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ