北ミサイル発射 大島理森衆院議長が初の抗議談話

 大島理森衆院議長は29日、北海道上空を通過した北朝鮮の弾道ミサイル発射に厳重抗議し、国民の安全確保に万全を期すよう政府に求める談話を発表した。衆院事務局によると、昨年9月に北朝鮮の核実験に抗議する談話を出したが、弾道ミサイル発射を受けたものは初めてという。

 大島氏は談話で、弾道ミサイル発射について「『これまでにない深刻かつ重大な脅威』とする政府の認識を共有する」と指摘。その上で「国際社会の平和と安全に対する明らかな挑戦で、断じて容認できない」と非難した。政府に対し「国土・国民の防衛態勢をさらに高める努力を継続することを期待する」と要請した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ