北ミサイル 日米外相、石油禁輸含めた追加制裁準備で一致

 河野太郎外相は31日午前、米国のティラーソン国務長官と電話会談し、29日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対し、石油の禁輸を含む追加的な制裁措置の準備を進める方針で一致した。会談後、河野氏は記者団に「北朝鮮に次の発射、核実験をさせないように国連安保理その他で明確なメッセージを出していこうということだ」と強調した。

 会談は、30日深夜に行った安倍晋三首相とトランプ米大統領の電話会談を受けて具体的な措置を詰めるために実施した。河野、ティラーソン両氏は29日も電話会談に臨んでいる。

 河野氏は会談で、北朝鮮をめぐり「全ての選択肢がテーブルの上にある」とするトランプ氏の姿勢を評価。日米の緊密連携も改めて確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ