青森4区補選、死去した木村太郎氏の弟・次郎氏が出馬表明

 自民党の木村太郎元首相補佐官の死去に伴う衆院青森4区補欠選挙(10月22日投開票)に、木村氏の弟で元青森県職員の木村次郎氏(49)が1日、出馬を表明した。

 木村氏はこの日の第4選挙区支部長・幹事長会議で「志半ばで倒れた兄の遺志を継ぎ、地元の期待に応えたい」と語った。同党県連が今後、党本部に公認申請する。

 木村氏は青森県藤崎町出身。県立弘前高、中央大を卒業し、平成3年に青森県に入庁。交通政策課副参事、地域活力振興課課長代理などを務めた。

 補選をめぐっては、民進党県連幹事長の山内崇氏(62)、幸福実現党の三国佑貴氏(32)が立候補を表明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ