小池百合子知事、新党との関わりについて「模索していきたい」と踏み込む

 東京都の小池百合子知事は22日の定例会見で、衆院選に向けて側近の若狭勝衆院議員が結成を目指す国政新党への関わりに「どの方法がいいのか模索していきたい」と述べ、役職就任に含みを持たせた。小池氏が衆院選を間近に初めて踏み込んだ発言をした形だ。

 小池氏は新党との距離感について、松井一郎大阪府知事が代表を務める日本維新の会を念頭に「知事で国政に関与しておられる例はほかにもある。模索していきたい」と話した。

 また、この時期の衆院解散には「大義がないと申し上げている。北朝鮮情勢に対しての対応を国民に問うというのはちょっと危険をかけ過ぎだ」と牽制(けんせい)。一方で、自民が衆院選の公約に盛り込む見込みの改憲については、「憲法は改正の余地はある」と指摘。そのうえで、「9条のみに議論を集約させることがこの国を思考停止に陥らせてきた。議論を避けてはいけない」との認識を示した。

 若狭氏の新党と野党の連携や候補者調整については「(新党構想を)直接やっているわけではないので、それぞれ考えて進めるべきだ」とするにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ