“舛添カラー”払拭の新ユニホームを観光イベントで披露 小池知事もアピール

 東京都は23日、東京ビッグサイト(江東区)で行われた観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン」で、観光ボランティアの新ユニホームを披露した。青を使った市松模様のユニホームを着た男女が壇上を歩いてPR。小池百合子知事も出席して「色の統一感があり、遠くからでもすぐ認識してもらえる。着たいという人は応募していただきたい」と呼びかけた。

 舛添要一前知事時代に導入された従来のユニホームをめぐってインターネットなどで「ださい」と批判もあり、小池氏が見直しを行った。

 新ユニホームでは青を使った市松模様で東京の「伝統」を表現。さらに「革新」の象徴として、スマートフォンなどで英語の観光情報サイトにアクセスできるQRコードを背中にあしらった。ポロシャツ、ブルゾン、防寒コートの3種類に加え、帽子とバッグを製作した。

 この日は俳優の東幹久さんらも出席。東さんは「市松模様は日本人らしいデザイン」と評価した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ