小池百合子知事「わくわくと大きな責任感じる」 国政参加批判の公明に「これからも同じ土俵」

 小池百合子知事は26日、「希望の党」結成について「非常にわくわくする気持ちと同時に大きな責任を感じる」と述べた。

 都議会代表質問の終了後、報道陣の取材に答えた。

 代表質問で公明党から都政への専念を求められたことに関しては「これからも都民第一ということについては同じ土俵に立ち、同じように進めていく」とする一方、「いろいろと指摘はあると思うが、大きな改革のチャンスが来ていると捉えているので私は取り組んでいきたい」と新党への意欲を述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ