希望の党 小池百合子代表さっそく“リセット” 首相指名選挙で公明・山口氏→「選挙後に考えたい」に軌道修正

 小池百合子東京都知事は27日、自身が代表を務める国政政党「希望の党」設立の記者会見で、10月の衆院選後の特別国会での首相指名選挙の投票先について「戦いが終わった後で考えたい」と述べた。

 小池氏は25日の民放番組で首相指名は「(公明党代表の)山口那津男さんがいい。連携していける」と発言し、都議会で連携する公明党に秋波を送っていた。しかし、公明党が不快感を示したことを受け、自らの発言を「リセット」する事態に追い込まれた。

 小池氏の「山口さんがいい」発言は、国政での自民、公明両党による選挙協力を分断する狙いがあったようだ。公明党は国政では自公協力を堅持する方針で、小池氏の発言にも「公明党を軽く見ている」と反発していた。公明党の斉藤鉄夫選対委員長は27日、希望の党との連携について「協力はない」と言い切った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ