衆院解散 政府声明「国民の皆様が慎重かつ真剣に選挙権を行使されることを切に希望」

 政府は28日の衆院解散を受け、政府声明を発表した。

 政府声明の全文は次の通り。

 ただ今、衆議院は解散されました。

 5年前の政権交代以来、アベノミクス「改革の矢」を放ち続けてまいりました。その結果、日本経済は6四半期連続のプラス成長、内需主導の力強い経済成長が実現しています。雇用は185万人増え、正社員の有効求人倍率は、調査開始以来、初めて、1倍を超えました。

 今こそ、わが国が直面する最大の課題である少子高齢化にチャレンジする時です。子育て、介護という、現役世代の大きな不安の解消に大胆に政策資源を投入し、社会保障制度を「全世代型」に転換する。そして、何よりも子どもたちの未来に投資するため、消費税引き上げによる安定財源を活用しなければならないと判断しました。これまで国民の皆様とお約束していた消費税の使い途を変更し、少子化を克服するための大胆な政策展開に踏み出す以上、ここで国民の皆様の信を問うべきと考えました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ