「辺野古反対候補で全勝を」沖縄・翁長知事 「小池百合子氏、国政考えるなら国政に行くべき」

 沖縄県の翁長雄志知事は28日、解散に伴う衆院選について「沖縄では辺野古新基地建設などの基地問題が争点になる」と記者団に述べ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を公約に掲げる共産、社民などの立候補予定者に「改めて全4選挙区で勝ち、(辺野古反対の県政を)後押ししてもらいたい」とエールを送った。

 小池百合子東京都知事が「希望の党」で代表を務めることに関しては「知事職も大変な仕事。国政を考えるのであれば国政に行くべきだ。二つ兼ねるのは難しいのではないか」と疑問を呈した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ