茨城県知事「二足のわらじの余裕はない」 小池都知事に苦言?

 茨城県の大井川和彦知事は28日の記者会見で、衆院解散について「安倍晋三首相が解散の大義とした消費税の一部を人材育成に使うという考え方には賛同する」と一定の理解を示した。その上で「自民党対野党勢力という政策と関係ない部分での盛り上がりが大きい気がする」と指摘した。

 大井川氏は、東京都知事の小池百合子氏が新党「希望の党」の代表を務めることに関しては、「私自身は目の前の茨城県のことをどうするかで精いっぱいなので、とても二足のわらじを履く余裕はない」と述べた。

 また、小池氏が全国知事会を批判したことに対しては「行政機関に意見、要望する場で意義はある。頭から批判するのはいかがなものか」と苦言を呈した。小池氏は「多くが霞が関出身に占められている知事会に、地方分権ができるかは甚だ不思議だ」と指摘していた。

 大井川氏は経済産業省出身で、8月の知事選で自民、公明両党の推薦で初当選した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ