衆院選 枝野幸男氏、地元・埼玉の市民集会で野党共闘強調

 民進党の枝野幸男代表代行は2日、新党「立憲民主党」を結党すると表明した後、早速、地元に戻り、衆院選に向けて動き始めた。さいたま市内で開かれた安保法制廃止と立憲主義の回復を求める市民集会に参加。共産党や社民党、市民グループの代表を前に野党共闘の重要性を強調し、選挙での協力を求めた。

 枝野氏は2日夜の市民集会で「生まれたばかりの政党で現時点の構成員は私1人だけ」と会場を沸かせた後、「何とか安倍政治を倒す。枝野幸男が1議席、自民党から奪うということはしっかりやらせていただきたい」と述べると、大きな拍手がわき起こった。

 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は、安全保障や憲法改正で政策が一致しない民進党の候補者には公認を出さない方針を示していた。枝野氏は合流できないことが判明し、新党立ち上げを決断した。

 枝野氏が出馬する埼玉5区は自民党の牧原秀樹氏のほか、希望の党も“刺客”を送ることを検討している。共産党との共闘が重要となるが、同党県委員会の荻原初男委員長は「5区は候補者の取り下げもあり得る」と話している。同区の民進党総支部も結束を強めている。所属する県議や市議は枝野氏を支持し、新党に参加する見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ