衆院選 希望の党、2・3次公認で233人超

 希望の党の若狭勝前衆院議員は3日の記者会見で、10日公示の衆院選について「2次公認、3次公認も発表し、合わせると(衆院過半数の)233を超える数になるのではないか」と述べた。希望の党は同日、1次公認候補として、小選挙区で191人を擁立を発表している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ